2019年9月より、オカルト掲示板を開設しました!
mukoq

移動するマネキンが居る廃ホテルに行った時のお話をするよ

0 430 ムコQ 3 ヶ月前

長野県民にとって、姨捨山の夜景は結構有名なのだが、その有名な夜景スポットから少し登ったところに結構大きい廃ホテルがある。

二年ほど前、ホテルの裏口の扉が思いっきり空いていたので入り口まで行ってみた。

すると、昔の布製のマネキンがレッドコーンなどと一緒に立っていた。確かにそこに立っていたのだ。

その奥は元食堂の様な作りになっており、キッチンの台はまだ残っているのが確認できた。

一度車まで戻り、仲間4人で中を見に言ってみようと言う話になった。

たわいもない話をしながら、わたしが先頭になり入り口の扉に手をかけた時、何か違和感を感じた。

そう。1回目に入り口に立っていたはずのマネキンがなかったのだ。

気が動転した自分は、何も言わずに車まで走って戻った。

そして、このマネキンが消えた現象に対して、起きえうる可能性という可能性を考えようとしたが、恐怖でパニックになっていた。

5分ほど経ったくらいだろうか、他の3人の仲間が帰ってきた。

彼らは、結構奥のホテルのロビーがあったところまで行ってから戻ってきたらしい。

わたしはどうしても気になって、道中でマネキンを見なかったか聞いてみた。

すると、あの古めかしいマネキンが受付らしきところに横たわっていたのを3人とも確認していた。

もともとマネキンは入り口にあったということを伝えると、エントランスまで行った友人はそのマネキンから変な視線を感じたと話していた。

霊感が全く無い自分が、初めて心霊スポットで恐怖した夜だった…。

コメント一覧

コメントはありません。

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。