【閲覧注意】伏線が多すぎる謎のトラウマ確定アニメ”Don’t Hug Me I’m Scared”

ーー今まで様々な奇妙なYouTube動画やYouTuberの記事を書いてきたが、”01A51CD0”や”Benjamin Bennett”など少しマイナーなところを攻めていたなと自分でも思う。今回の記事で纏める”Don’t Hug Me I’m Scared”は、海外では考察厨ホイホイとも言えるほどの人気度で、6つの動画合計で2億回近くも再生されている超王道動画だ。

注意
  • グロテスクな表現やホラー要素もあるので、苦手な方はブラウザバック推奨です
【謎すぎるYouTuber】約1200時間カメラを見つめながら笑い続ける男:”Benjamin Bennett” 【水溜りボンド行方不明の予言?】トミーの南極行きを心配する人々の声まとめ 【閲覧注意】奇妙なYouTubeチャンネル ”01A51CD0”の正体とは??

”Don’t Hug Me I’m Scared”について

”Don’t Hug Me I’m Scared”。直訳すると「抱きしめてはいけない、怖いから」という意味。この動画はイギリスのアーティストによる映像作品で、全6話公開されており、完結している。略称は”DHMIS”。

あなたはセサミストリートという教育アニメをご存知だろうか。対象年齢は小学生未満と言ったところで、毛むくじゃらなキャラクター達が飲み込めないであろうクッキーを奇声をあげながらボロボロにする、あのアニメだ。(※違わないけど違います)

 

この、”Don’t Hug Me I’m Scared”は「汚いセサミ」と称されるくらい、なんだか似ている。全ての動画を見てみたが「お金かかってるなぁ」といった印象を受けた。動画の前半は教育ビデオそのものなのだが、後半にいくにつれてグロテスクな表現が増えていき、完全に子供に見せてはいけない描写が容赦無く映し出される。

「え…。教育ビデオじゃないなら何でこんなにお金かかってるんや…?」という疑問は残るが、この動画は沢山の伏線が張り巡らされており、様々な説が唱えられているのだ。

ムコQ

正解の世界観が公表されてないから、色々な考察の説明がついてしまうのも魅力のよう。

では、めちゃめちゃわかりやすく翻訳記事を書いていた方のブログを読みながら、様々な説を紹介していこう。

”Don’t Hug Me I’m Scared”の様々な考察・説

”Don’t Hug Me I’m Scared”のざっくりとした内容

 

”Don’t Hug Me I’m Scared”の動画は、1つ5分程度なのでまず見てみて欲しい。

参考 Don't Hug Me I'm ScaredYouTube

ムコQ

とりあえず1話を載せておきます。

この作品は、先ほど申し上げた通り全部で6話。意外と次々と見てしまう中毒性があり、なかなか面白い。30分があっという間に過ぎた。

ざっくりと内容を紹介すると、この画像の真ん中3人(緑・赤・黄色の奴ら)がレギュラー化しており、これと決まった主人公は登場しないまま、ストーリーが展開していく。各話で登場するゲストのようなキャラクター(物とか虫とか)が、ポップな音楽に乗せて、様々な事を教えてくれる。前半はNHKで写っていても違和感はない。

しかし、その教訓は、矛盾や理不尽に満ちていて、視聴者側の予想をはるかに凌駕した展開を見せていき、結果的にはグロテスクな表現が待ち受けている。子供が間違ってみたら大変なことになるというわけだ。

”Don’t Hug Me I’m Scared”についての諸説

このアニメに関しては、謎な部分が多く、細かい伏線が張り巡らされているらしい。

ムコQ

「6/19」が何か重要な鍵を握ってそう…ってくらいしか分かりませんでしたが…。

不思議なことに、全ての回に出てくるカレンダーの日付が6/19なのだ。何を意味しているのか分からなかったが、最後の動画が公開されたのも6/19だった。

 

他のサイトやYouTubeで考察されていた説をまとめると、

諸説
  • ロイ(黄色の父)誘拐犯人説
  • 赤色誘拐犯説
  • 黄色誘拐犯説
  • 3人全員殺人犯説
  • 病院説
  • 地獄説
  • ナチスの精神実験施設の洗脳説

と、沢山の考察がされていた。

1話でメモ帳の先生の意向なく3人全員がグロ展開に持っていっていたり、3話で目覚めるとグロくなっていたりしているのを見ると、3人全員が実は凶悪なシリアルキラーで、自分を子供だと思い込ませて更生させるための洗脳教育をしているのでは、という「3人全員殺人犯説」という説を筆者は支持している。

先生役で各話に登場する奴らが、「大人びた行動・発言をする人にだけ怒っている」様子を見ていると、「3人は本当に子供」というよりも、「子供でなければならない」といった印象を受けた、というのも理由に挙げられる。

英語が分からず内容が入ってこないという方は、大変分かりやすい翻訳を公開しているブロガーさんがいるのでコチラを見てみるといいかもしれない。

その他にも、詳しくは分からないのだが「07494795709」という数字も何か関わっているらしい。かなり良くできた作品で、考察厨を大興奮させること間違いなしだ。

【謎すぎるYouTuber】約1200時間カメラを見つめながら笑い続ける男:”Benjamin Bennett” 【水溜りボンド行方不明の予言?】トミーの南極行きを心配する人々の声まとめ 【閲覧注意】奇妙なYouTubeチャンネル ”01A51CD0”の正体とは??

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)