日本で起きた、歴史上最も不可解で有名な20の未解決事件【閲覧注意】

未解決事件ーーこれは、犯人が見つかっていない事件のことを指す。
残された被害者遺族の方々は、想像もできないような悔しい気持ちでいっぱいだったに違いない。

今回の記事はそんな世間を騒がせた日本の未解決事件を、風化させないためにもまとめていく。

注意

ショッキングな事件もあるので閲覧注意。

このページで紹介していく20の事件は、比較的有名な事件のみを選んでいる。
未解決事件の一覧の記事はこちらからどうぞ。

【最多まとめ】日本で起きた未解決凶悪事件一覧|閲覧注意

日本の未解決事件1:岡山地底湖行方不明事件

岡山地底湖行方不明事件の概要

岡山地底湖行方不明事件は、2008年1月5日に起きた事件。
高知大学3年の男子学生が鍾乳洞の中で行方不明になり、懸命な捜索が行われたが、発見されないまま捜索は終了した。

洞窟に入洞したのは同大学の洞窟探検サークルの5名。
この5名で『順番に地底湖の壁をタッチして帰ってくるゲーム』をしていたみたいだが、その中の一人が帰ってこなかったよう。
「洞くつ最奥部の地底湖で仲間が遊泳中に行方不明になった」と警察に通報・捜索が始まることとなった。

岡山地底湖行方不明事件の特徴・不可解な点

岡山地底湖行方不明事件の特徴・不可解な点

  • 入洞届を提出してない
  • 地底湖までが5mの絶壁
  • 5人の中で、地底湖で泳いだのは被害者の1人だけらしい
  • 溺れるところを誰も目撃してないし聞いていない
  • 溺れた時の4人の状況説明が一致していない
  • 「タッチした」という声は聞こえたらしいが、助けを求める声などは一切聞こえなかった
  • 救助活動を行わず現場に誰も残さないまま全員帰ってきた
  • 「探検に必要な装備は備わっていた」と、責任逃れのためか強調
  • 遭難事故では隊長が記者会見するのが普通だが、逃げ回って記者会見をしなかった

これ以外にも行方不明になった男性のmixiの日記が後日改ざんされたり、部員間の男女トラブルが原因で消された説が囁かれたりなど、不可解な点が多かった。
噂では「大学生が悪ノリで酔った部員を死なせてしまい、就職や風評を怖れ隠蔽を図り追求から逃げ続けただけの事件ではないか」とも言われている。

しかし詳しい捜査もされず事故として処理され、未だに遺体は見つかっておらず未解決のままだ。

日本の未解決事件2:福島女性教員宅便槽内怪死事件

福島女性教員宅便槽内怪死事件の概要

福島女性教員宅便槽内怪死事件は、1989年2月28日福島県田村郡都路村にある教員住宅の便槽内で死亡している男性の遺体が見つかった事件。
遺体を取り出すために便槽ごと重機で取り出しており、この穴2箇所以外に入り込める穴は存在していない。捜査によると死因は凍死。

他殺説、自殺説、覗き目的自滅死亡説など、当時はワイドショーでもこの事件はしばらく取り上げられており騒がれていた。

福島女性教員宅便槽内怪死事件の特徴・不可解な点

福島女性教員宅便槽内怪死事件の特徴・不可解な点

  • 便槽内で遺体で見つかった男性の胸部付近に上着のセーターが抱かれていた
  • 遺体の顔に本人の靴が片方乗っていた
  • もう片方の靴は付近の土手で見つかっている

亡くなったこの男性は、重要なスピーチや司会をよく頼まれるような存在で周囲の人間からの人望が厚かった。
捜査結果を不服とした村民らが「覗きをするような人では無い、他殺に違いない」との事から、4000人ほどの署名が集まった。
しかし警察は事故死と判断し、再捜査は行われずに幕を閉じた。

詳しくはコチラの記事でまとめている。

【あのトイレの未解決事件】福島女性教員宅便槽内怪死事件を、30年前の実際の新聞記事を読んで考えてみる

日本の未解決事件3:嵐真由美さん失踪事件

嵐真由美さん失踪事件の概要

嵐真由美さん失踪事件は、1994年9月2日に起こった事件。

主婦の嵐真由美さんは出産のために、両親と姉がいる実家に戻っていた。
しかし真由美さんは何を思ったのか、当時1歳半の娘を残し突然実家から外出しそのまま行方不明に。

『洋子の話は信じるな』で有名な事件。(洋子:姉)

嵐真由美さん失踪事件の特徴・不可解な点

 

嵐真由美さん失踪事件の特徴・不可解な点

  • 真由美さんの姉:洋子さんの証言によると「同級生と会う」と言って家から出たらしい
  • しかし周囲の同級生は誰も会う約束はしていなかった
  • 父によると、真由美さんは外出する前「どこか落ち着きのない様子」だったと語っている
  • ジュースを2本抱え、山林に入っていく真由美さんの姿が目撃されている
  • そしてインタビュー時の『洋子の話は信じるな』のメモ

事件には、姉の洋子さんと洋子さんと面識のある一人の男の2人が関わっている、とも言われている。
未だ真由美さんは発見されておらず、真相は闇の中である。

日本の未解決事件4:井の頭公園バラバラ殺人事件

井の頭公園バラバラ殺人事件の概要

井の頭公園バラバラ殺人事件は、1994年4月23日に発覚した事件。

東京都三鷹市にある井の頭公園のゴミ箱に、ポリ袋に入った人間の足首が捨てられているのを、猫の餌を探すため偶然ポリ袋を開けた清掃員の女性が発見した。
計27個に切断された手足・胴体の一部は袋は、小さい穴のある水切り用の黒い袋と半透明の袋の二重になっており、漁師らが使う特殊な方法で結ばれていた。

以上の事から、プロによる犯行だと言われている。

井の頭公園バラバラ殺人事件の特徴・不可解な点

 

井の頭公園バラバラ殺人事件の特徴・不可解な点

  • 遺体の指紋はほぼ削り取られており、ゴミ箱の入り口にギリギリ入るサイズにカットされていた
  • 毛細血管の細部に至るまで血が1滴も残ってなかった(洗濯機を使ったとの説も)
  • 微かに残っていたDNAにより、被害者男性の身元を特定した
  • 「人違い」によって殺された可能性がある、と言われている

2009年4月23日午前0時に公訴時効が成立。
なぜ川村さんが殺害されたのか、犯人・動機すら明らかになっていない。
事件が発覚しなかった可能性・他にも同じ手口で処理された遺体があるかも知れないという可能性を考えると、寒気がする。

日本の未解決事件5:プチエンジェル事件

プチエンジェル事件の概要

プチエンジェル事件は、2003年7月に起きた東京都赤坂のマンションに小学6年生の少女4人が誘拐・監禁された事件。

「プチエンジェル」と呼ばれているのは、犯人が経営していた児童買春デートクラブの名称から来ている。
犯人は「部屋を1万円で掃除してほしい」と赤坂のマンションに少女を招集。
マンションに着くと少女らは監禁され、犯人はビニールを被り練炭自殺をしたとされている。

プチエンジェル事件の特徴・不可解な点

プチエンジェル事件の特徴・不可解な点

  • ビニールは溶けるため練炭自殺は不可能との見解
  • 2000人以上の顧客リストも押収されたが、偽名と決めつけ捜査打ち切り
  • 遺書もなく犯人が自殺したため、犯行・自殺の動機は不明
  • 犯人の身内も、追うように父親・兄が自殺(母親は自殺未遂)
  • この事件を取材していたフリーライターが殺害されている(事件との関連性は不明)

この児童買春デートクラブの顧客リストがかなり闇深だったとの噂。
「プチエンジェル」は赤坂にあり、すぐ近くに国会議事堂がある。
大きな権力を持った

 

ムコQ

まだまだ続くよ、未解決事件特集!

次ページ:「悪魔の詩」を翻訳した人が殺された事件、政府はある国との外交を優先して捜査を打ち切ったか

1 COMMENT

ハタケ

不可解な事件も 手品のように種が解れば 誰もが解けると思う
人間の固定観念が不可解に見させるだけだと思う。
固定観念の強い集団とは、残念ながら警察だ。
なぜならいつも正直者を育てる環境に置かれているからだ。
グリコ森永事件、井之頭公園バラバラ殺人、世田谷一家殺人事件、
など 犯人側の心理から考えればどの事件も早期解決できた。
キツネ目の男の体格いい男、近場で遺体を解体処分する理由、指紋や血痕をばら撒き犯人の血痕は別に置く、それらの意味を考えれば
皆解決できた事件なのに。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)