日本で起きた、歴史上最も不可解で有名な20の未解決事件【閲覧注意】

日本の未解決事件11:パラコート連続毒殺事件

パラコート連続毒殺事件の概要

パラコート連続毒殺事件は、1985年4月30日〜11月17日の間に日本各地で発生した、主にパラコートと呼ばれる農薬が用いられた無差別毒殺事件。

自販機の商品受け取り口に、パラコートを混入させたジュースを置いておき、自販機の客に「置き忘れの商品」と勘違いさせ、持って帰らせるという手口で、模倣犯も含めた一連の事件34件のうち、13人が死亡した。

パラコート連続毒殺事件の特徴・不可解な点

パラコート連続毒殺事件の特徴・不可解な点

  • 当時、監視カメラもなく証拠もほとんど残っていなかったため、全て未解決で犯人は逮捕されないまま迷宮入り
  • 当時のキャップは、見ただけで一度開封したものかどうか区別することが困難だった
  • 除草剤であるパラコートは致死量が15ccで、当時は農協などで簡単に手に入れることができた
  • 埼玉・大阪での被害が多く、犯人は一人ではない可能性が高い

この一連の事件に便乗し、東京都で3件の模倣犯による犯行(石灰硫黄合剤が使用された)や、自殺とみられる事件も起きている。

日本の未解決事件12:四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の概要

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は、2004年2月17日に、三重県四日市市のジャスコのATMコーナーで発生した誤認逮捕、及びに誤認逮捕された男性が死亡した事件

女性が、ジャスコのATMコーナーで男性にいきなり体当たりし、「泥棒!」と叫んだことで、男性は周囲にいた3人の一般人によって取り押さえられた。その後、駆けつけた警察によって、無実を主張し続けた男性は20分もの間制圧され、高度のストレスにより死亡した。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の特徴・不可解な点

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の特徴・不可解な点

  • 警察は、女性の容疑事実を特定できないまま映像を公開した(これは、グリコ・森永事件(後述)に続いて二度目の事)
  • 何故、警察は男性を意識を失うまで制圧し続けたのか
  • 刑事部長が「立場上女性は被害者、参考人なので公開手配はできない」と述べており、虚偽告訴罪である女性を被疑者ではなく被害者としている
  • 何故三重県警は、ホームページで事件の情報を集めたり、参考人の似顔絵の公開などもしなかったのかが謎

悲惨なこの誤認逮捕死亡事件。

のちに、男性の遺族が「警察官の度を超えた制圧により男性が死亡した」として、三重県を相手取った損害賠償訴訟を起こし、名古屋高等裁判所は警察官の過失を認め、3670万円を遺族に支払う判決を下した。

しかし”被疑者”の女性の特定は出来ず、公訴時効が成立し、未解決事件となった。

日本の未解決事件13:長岡京殺人事件

長岡京殺人事件の概要

長岡京殺人事件は、1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた主婦2人が、仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見された殺人事件。

長岡京殺人事件の特徴・不可解な点

長岡京殺人事件の特徴・不可解な点

  • 臓器が破裂するくらい相当な回数殴られたとされているが、直接的な死因は、主婦A(当時43歳)が絞殺による窒息死、主婦B(当時32歳)が刺殺による出血死だった
  • 2人の主婦は、逃げぬようにアキレス腱が切られていた
  • 財布が現場に残されていたことなどから、犯人は強姦目的で犯行に及んだという見方が強い
  • 主婦Aの衣服のポケットから「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」と鉛筆で書かれたメモ紙が見つかっているが、鉛筆は見つかっていない
  • 5年後に同じ長岡京市で起きた殺人事件(こちらも未解決)に紐づけて、「3人目の主婦」の噂が立ったが、関係性は無いとされている

捜査は難航し、1994年5月24日に公訴時効が成立し、未解決事件となった。

日本の未解決事件14:広島一家失踪事件

広島一家失踪事件の概要

広島一家失踪事件は、2001年6月4日、広島県世羅町に住む一家4人と愛犬が突然失踪し、一家が所有する山に神隠しの伝説があることから色々な憶測を呼んだが、1年以上経った2002年9月7日、家の近くの京丸ダムから車ごと全員の遺体が発見された事件。

不審な点が多く、「神隠し事件」とも呼ばれていたが、警察は一家心中として捜査しなかった。

広島一家失踪事件の特徴・不可解な点

広島一家失踪事件の特徴・不可解な点

  • 一家の娘は旅行を控えており、荷造りが済んだカバンが発見されている
  • さらには、そのカバンの中に旅行資金15万円が入ったまま残されており、一家の定期貯金も手つかずのままであった(一家には借金等は無かった)
  • 携帯電話や免許証なども家に置いたままだった
  • 4人はパジャマで、サンダルや裸足で何も持たずに家を去っており、蒸発するにしてはあまりに不自然
  • 台所と廊下の電灯がついたままで、翌朝の朝食が虫除けネットをかけた状態で準備してあった

明らかに、何者かから逃げていたと考えられるが、真相は一体。

日本の未解決事件15:グリコ・森永事件

グリコ・森永事件の概要

グリコ・森永事件は、1984年〜1985年に大阪で起きた、食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件で、警察庁広域重要指定114号事件に指定されている。

犯人が、「かい人21面相」と名乗ったことから、「かい人21面相事件」と呼ばれる。

グリコ社長誘拐事件から始まり、最初は単なる誘拐事件と思われていたが、大手食品会社が次々と脅迫され、毒入りの食品がばら撒かれた。

グリコ・森永事件の特徴・不可解な点

グリコ・森永事件の特徴・不可解な点

  • 警察は、「犯人は何も得てはいないということになっているため、一連の犯行の目的が何であったかが不明」としている
  • 1984年9月12日に、森永製菓に送りつけた脅迫状の中で、「グリコは6億円を支払った」とほのめかしているが、グリコは犯人側への金の支払いを否定している
  • 一説には、「脅迫を受けた企業の株価が乱高下しており、それにより利益を得た、あるいは株価の操作そのものが目的だった」とする説もある。
  • 企業への脅迫状とは別に、挑戦状を警察や新聞社、週刊誌に送りつけており、「けいさつの あほども え」などと警察を挑発するような内容だった
  • 犯人は1年半の間に、脅迫状と挑戦状を計144通も出している
  • 毒入り食品には必ず「どくいり きけん たべたら しぬで」の紙が張られていたので、結果として毒入り食品による死者は発生せず、誘拐放火などにより命を落とした人もいなかった
  • 犯行の際の遺留品はとても多く、似顔絵などもあったが、犯人逮捕には至らなかった

2000年2月13日、一連の全ての事件が時効を迎え、警察庁が広域捜査を指定した重要事件で初の未解決事件となった。

 

 

ムコQ

まだまだ続くよ、未解決事件特集!

次ページ:「劇場型犯罪」でありながら完全犯罪を成し遂げた3億円事件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)