日本で起きた、歴史上最も不可解で有名な20の未解決事件【閲覧注意】

日本の未解決事件16:千葉女子中学生誘拐事件

千葉女子中学生誘拐事件の概要

千葉女子中学生誘拐事件は、1991年10月27日午前1時ごろ、千葉の国道126号沿いで、当時13歳だった佐久間奈々さんが連れ去られた事件。

佐久間さんは、友人と一緒に自転車で走行中、補導員を名乗る男性に声をかけられ、佐久間さんだけが拐われた。

犯人の男性は、「こんなところで何をしているんだ、16才未満の者が11時過ぎに歩いていると犯罪になる。普通なら警察沙汰だが話を聞くだけで許してやる。お前が代表でついてこい」と佐久間さんを指名し、脇の小道に入って行ったとの事。

千葉女子中学生誘拐事件の特徴・不可解な点

千葉女子中学生誘拐事件の特徴・不可解な点

  • 佐久間さんの友人は犯人を実際に目撃しており、似顔絵も公開されたが有力な情報は得られ無かった
  • 夜中の田舎道、という点から、土地勘がそれなりにあり身近に住んでいた男の疑いがあったが、捜査は難航した
  • 現場近くには、北朝鮮拉致の工作員が利用した大町ルートがあるが、時期がズレているので拉致の疑いは薄い
  • 単独犯か、複数犯か、移動手段さえも分かっていない

現在も犯人は捕まっておらず、佐久間さんの安否すらもわかっていない未解決事件。

日本の未解決事件17:青酸コーラ無差別殺人事件

青酸コーラ無差別殺人事件の概要

青酸コーラ無差別殺人事件は、1977年1月4日〜2月頃まで、東京・大阪でシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)入りのコーラを飲んだ学生や会社員が死亡した無差別殺人事件。

手口は、共通して「公衆電話や駅に、未開封の毒入りのコーラ又はチョコレートを置いておき、持って帰らせる」というもの。「毒入りコーラ事件」とも呼ばれる。

青酸コーラ無差別殺人事件の特徴・不可解な点

青酸コーラ無差別殺人事件の特徴・不可解な点

  • 警察は一連の事件を「同一犯の可能性が高い」とみて、青酸化合物を入手しやすい塗装業・加工業者をあたったが、犯人の特定までは至らなかった
  • チョコレートの箱には、「オコレル ミニクイ ニホンジンニ テンチュウヲ クタス」(驕れる醜い日本人に天誅を下す)などと脅迫文らしきものが添付されていた

一連の事件で3名が死亡したこの事件は、多くの謎を残したまま、1992年1月4日をもって公訴時効となった。

日本の未解決事件18:三億円事件

三億円事件の概要

三億円事件は、1968年12月10日、東京都府中市で発生した窃盗事件。(犯人は暴力を振る事なく計略だけで強奪に成功しているので、強盗罪ではなく窃盗罪。)

当時の東京芝浦電気の従業員のボーナスである、約3億円(2億9430万7500円)を現金輸送車で輸送中、偽の白バイ隊員に「貴方の銀行の巣鴨支店長宅が爆破され、この輸送車にもダイナマイトが仕掛けられているという連絡があったので調べさせてくれ」と声をかけられたので、輸送車を運転していた男性は車を降りた。

すると、白バイを乗っていた警官に扮した犯人は、そのまま車に乗り逃走。警察は、緊急配備を敷いて要所で検問を行なったが、犯人を捕まえることは出来なかった。

日本の犯罪史において最も有名な事件の一つで、「劇場型犯罪」でありながら完全犯罪を成し遂げた

三億円事件の特徴・不可解な点

三億円事件の特徴・不可解な点

  • 盗まれた当時の2億9430万7500円は、現在では20億円の価値に相当する
  • この事件で盗まれた3億円は、日本の保険会社が支払った保険金により補填され、事件の翌日には従業員にボーナスが支給された
  • そしてその国内の保険会社もまた再保険をかけており、海外の保険会社より3億円が補填された
  • 国内で、直接的に金銭的損失があった者がいなかったため、被害金額2億9430万7500円の語呂から、この事件は「憎しみのない強盗」とも呼ばれた
  • 警察の調査において、容疑者リストに載った人数は11万人、捜査した警察官延べ17万人、捜査費用は7年間で9億円以上が投じられるという空前の大捜査となった

警察の大捜査も虚しく、1975年12月10日に公訴時効が成立し未解決事件となってしまった。

日本の未解決事件19:坂出タケノコ掘り女児行方不明事件

坂出タケノコ掘り女児行方不明事件の概要

坂出タケノコ掘り女児行方不明事件は、2005年4月29日、香川県坂出市で開催されていたタケノコ掘りイベントに参加していた、当時5歳の大西有紀さんが忽然と姿を消した行方不明事件。

現在においても、安否さえも分かっていない未解決事件だ。

坂出タケノコ掘り女児行方不明事件の特徴・不可解な点

坂出タケノコ掘り女児行方不明事件の特徴・不可解な点

  • 連日100人以上の体制で、イベントが行われていた竹林・竹林の北側に広がる森林・竹林横の農業用ため池などの捜索を続けたが、大西有紀さんが身に付けていた遺留品すらも見つからなかった
  • 捜査に投入された5頭の警察犬が不審な動きをしたことでも知られており、5頭とも、竹林の中にぽかりとあいたある小さな空間まで来たときに足を止め動かなくなった
  • 5頭もの警察犬が「地面に残った摩擦臭の捜索を止めた」というのは、上空に消えたりしない限りあり得ない、との事(2005年9月に放送されたTBS番組より)

警察犬の不審な動きも相まって、5歳の女児が煙の如く姿を消したミステリアスなこの事件は、「神隠し」が噂されたほどだった。

日本の未解決事件20:千葉県千葉市夫婦行方不明事件

千葉県千葉市夫婦行方不明事件の概要

千葉県千葉市夫婦行方不明事件は、2001年5月18日、千葉市の社社員、杵渕清さんと妻の都子さんが、乗用車とともに行方不明になった事件。

警察の調べで、夫婦の自宅の廊下には清さんの血痕、 風呂場には都子さんの血痕が見つかっており、風呂場の血痕は致死量に達してしまう程の量だった。

千葉県千葉市夫婦行方不明事件の特徴・不可解な点

千葉県千葉市夫婦行方不明事件の特徴・不可解な点

  • 事件の当日、夫婦の自宅から約5キロ離れた千葉市中央区の銀行の窓口で、清さんを名乗る謎の男が、清さんの定期預金を解約し、現金350万円全額を手にしている
  • 事件発覚2日後の、20日午前10時に、夫婦の乗っていた乗用車が、愛知県の小牧東ICで高速を降りているのが、Nシステムに記録されている
  • 夫婦の乗っていた乗用車は、2001年9月に名古屋市内の路上で発見された
  • 車内の指紋はすべて拭きとられており、後部座席からは尿反応、トランクからは2人の血痕が見つかっている

2010年4月27日に公布・施行された改正刑事訴訟法により、この事件については公訴時効が完成することはないため、何かご存知の方は千葉東警察署まで。

【閲覧注意】奇妙なYouTubeチャンネル ”01A51CD0”の正体とは?? 【最多まとめ】日本で起きた未解決凶悪事件一覧|閲覧注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)