日本で起きた、歴史上最も不可解で有名な20の未解決事件【閲覧注意】

日本の未解決事件6:石井舞ちゃん行方不明事件

石井舞ちゃん行方不明事件の概要

石井舞ちゃん行方不明事件は、1991年7月25日、福島県船引町で建築業を営む石井賢一さんの長女:舞ちゃん(当時7歳)が、友人らと川の字で寝ていたが、朝起きると居なくなっていた。

事件から10年以上経った今も、解決の糸口に繋がる情報はない。

石井舞ちゃん行方不明事件の特徴・不可解な点

石井舞ちゃん行方不明事件の特徴・不可解な点

  • 舞ちゃんは一人でトイレに行くこともできない臆病な性格で、一人で外へ出ていくとは思えないため当時身内の犯行が疑われていた
  • 警察犬を捜査に導入したところ、車で連れ去られたことが分かった
  • 白い車の目撃証言があったが、白い車の所有者は家族の中にはいなかった
  • 友人の証言で、舞ちゃんに「夜の12時に遊びに行こう」と話しかけるた男性がいたとのこと。その男性(姪の恋人)が犯人に浮上したが、警察は「その証言は無理やり引き出したもの」として捜査せず。

安全なはずの家から、急に7歳の少女が行方不明となったこの事件。

しかし身内をよく知る者としては、この家で暮らす者のうち3人が外出しており、普段は両親と寝ている舞ちゃんがこの日に限って友人たちと寝ていたのだから、犯行の日としてはもってこいだったに違いない。

他の記事で詳しく書く事にするが、この事件は明確な容疑者が居たのにも関わらず未解決になった少し特殊な未解決事件だ。

日本の未解決事件7:世田谷一家殺害事件

世田谷一家殺害事件の概要

世田谷一家殺害事件は、2000年12月30日午後11時頃から翌31日の未明にかけて、東京都世田谷区の会社員宅で、父親(当時44歳)・母親(当時41歳)・長女(当時8歳)・長男(当時6歳)の計4人が殺害された事件。

隣に住む母親の実母が31日の午前中に発見し、事件が発覚。

世田谷一家殺害事件の特徴・不可解な点

この事件は、

  • 年の瀬の犯行だったこと
  • 犯人の指紋や血痕など個人を特定可能な数多くの遺留品を残している
  • 子供までもめった刺しにする残忍な犯行
  • 殺害後にパソコンを触ったりアイスクリームを食べたりするなどの犯人の異常な行動

などこれらの多くの事柄が明らかになっていながら、犯人の特定に至っていないことでも注目される未解決事件。殺人の時効が撤廃されたことで、今もなお捜査は続いている。

日本の未解決事件8:ファンタジー号事件

ファンタジー号事件の概要

ファンタジー号事件は、1992年11月23日、自称冒険家の鈴木嘉和さんが、ヘリウム入りの風船を多数つけたゴンドラ「ファンタジー号」でアメリカへ向けて出発した。

しかし、2日後に連絡が途絶えて、その後の消息は不明の未解決事件。

マスコミで大々的に「風船おじさん」の名で報道されていたが、パッタリとマスコミが報道を辞めたことで様々な噂が囁かれた。

ファンタジー号事件の特徴・不可解な点

ファンタジー号事件の特徴・不可解な点

  • 鈴木嘉和さんは、同年4月に風船をつけた椅子で飛び立ち、不時着事故とニュースになる騒ぎを2度起こしている
  • そもそもこの冒険の動機は、同志社大学教授の三輪茂雄の鳴き砂保護に賛同して、鳴き砂保護を訴えるためとされており、鳴き砂のある仁摩町から飛ばなければ意味がないとされていたのだが、琵琶湖湖畔から旅立っている(コレは密着して出発時の映像も撮影していたフジテレビが、鈴木嘉和さんを煽ったのでは、と週刊文春が取り上げている)
  • ファンタジー号は金華山沖800kmで高度2500m、時速70kmで北東へ向かっていたことが確認されており、気象庁幹部はロシアのカムチャツカ半島あたりまでは到達したのでは、と推測している

マスコミなどを大きく取り巻きながら起きてしまった未解決事件。

鈴木嘉和さんは、戸籍上は現在も生きていることになっているという、少し珍しい事件である。

日本の未解決事件9:悪魔の詩訳者殺人事件

悪魔の詩訳者殺人事件の概要

悪魔の詩訳者殺人事件は、1991年7月11日、筑波大学助教授の五十嵐一さんが、同大学のキャンパス内で刺殺された殺人事件。

悪魔の詩訳者殺人事件の特徴・不可解な点

悪魔の詩訳者殺人事件の特徴・不可解な点

  • 五十嵐一さんは、サルマン・ラシュディの小説『悪魔の詩』を日本語訳していた
  • 1989年2月に、イランの最高指導者は「悪魔の詩が反イスラーム的である」として、発行に関わった者などに対する死刑を宣告していたため、事件直後からイラン政府との関係が取り沙汰されていた
  • 現場から犯人の血痕や足跡などの事件解決の手がかりは見つかっていた
  • 事件当時、東京入国管理局は筑波大学に短期留学していたバングラデシュ人学生を容疑者としてマークしており、その学生は事件発生の翌日に帰国していてまさに怪しかった訳だが、イスラーム諸国との関係悪化を恐れた日本政府の意向により捜査は打ち切られた
  • 五十嵐一さんの机の引き出しから、自身に身の危険が迫っていた事を察知していたと思われるメモが見つかっている

2006年7月11日に公訴時効が成立し、無念な事に未解決事件となった。

日本の未解決事件10:名古屋妊婦切り裂き殺人事件

名古屋妊婦切り裂き殺人事件の概要

名古屋妊婦切り裂き殺人事件は、1988年3月18日、会社員の男性が愛知県名古屋市のアパートに帰宅したところ、妻である臨月の妊婦が殺され、赤ちゃんが泣き叫んでいるのを発見し、事件が発覚。

犯人の異常なまでの猟奇性が注目され、マスコミが大きく取り上げた。

名古屋妊婦切り裂き殺人事件の特徴・不可解な点

名古屋妊婦切り裂き殺人事件の特徴・不可解な点

  • 犯人は妊婦を絞殺後、胎児を取り出してへその緒を刃物で切断し、妊婦の子宮に電話の受話器と、キーホルダーを入れた後、財布を奪って逃走した。
  • 被害者の妊婦の足もとには、腹から取り出された胎児があお向けに置かれていた。
  • 妻は両手を縛り上げられており、首に電気コードを巻かれ、絞殺されていた。しかし、殺害に使われた凶器は電気コードではなく、後から巻かれたものだとされている。
  • 遺体に性的暴行を受けた跡や激しく抵抗した跡がなかった事や、家の異常に気づきながらも帰宅後にスーツから私服に着替えていたことから、警察は最初、被疑者を夫のみに絞っていた。
  • 凶器も見つからず、犯人の遺留物も見つからず、指紋も丁寧に拭き取られており、さらにためらい傷も無かったため、犯人は、犯行後にかなり冷静・確実に証拠隠滅を図る事の出来た「プロの猟奇殺人鬼」と噂された。

約4万人の捜査員を投入して懸命の捜査を行ったが、有力な手がかりは得られず被疑者逮捕には至らなかった。

2003年3月18日、公訴時効を迎え未解決事件となった。

 

 

ムコQ

まだまだ続くよ、未解決事件特集!

次ページ:次の日の朝ごはんまで準備していた一家四人が、突如姿を消した「神隠し事件」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)