オカルト掲示板を開設しました!

【約60億円の財宝】100年間以上未解読のままの暗号文書:ビール暗号の解読法と歴史

ーー埋蔵金、隠された財宝、宝の地図…。それらはいつの時代になっても多くの人々をワクワクさせてきた。今回紹介する「ビール暗号」は、財宝の所在地、財宝の内容、財宝の受取人が書かれているとされる、100年以上未解読(一部解読済み)の暗号なのだ。

【A MAZE IN ABRACADABRA】世界最高難易度の暗号サイト:973-eht-namuh-973.comとは 【042933964230】留守番電話の暗号事件。Cicada3301は関係しているのか!?

ビール暗号とは?

ビール暗号(Beale cipher)は、アメリカで1822年頃に書かれた暗号文で、1885年に小冊子「ビール文書(The Beale Papers)」が発行された事によって世間に知られるようになった、未だ解読出来ていない暗号だ。

 

このビール暗号は3つの暗号文で構成されており、それぞれ

  • 財宝の所在地
  • 財宝の内容
  • 財宝の受取人

が書かれていると言われている。

この小冊子「ビール文書」には、ビール暗号の歴史について紹介されており、小冊子によると、トーマス・ジェファーソン・ビールという人物が、1820年にとある場所に財宝を埋めたとされていて、現在の価値で6500万ドル相当と見積もられているとのこと。

ビール暗号の歴史

登場人物について

ロバート・モリス(Robert Morriss)

※以下「モリス」

モリスについて
  • アメリカ ヴァージニア州のリンチバーグにあるワシントンホテルのオーナー

 

トーマス・J・ビール(Thomas Beale)

※以下「ビール」

ビールについて
  • モリスのホテルの客
  • モリスによると、「黒く日焼けした肌を持つ、極めて優れた容貌の美男子で、特に女性に人気があった人物」とのこと

 

ビール暗号の逸話

1820年1月。ヴァージニア州 リンチバーグに聳えるモリスのホテルに、「トーマス・J・ビール」と名乗るイケメンが客として利用した。約3ヶ月そのホテルで過ごした後、春になるとホテルを立ち去った。

そして2年後の1822年1月、ビールは再びモリスのホテルに客としてやってきた。2年前と同じように約3ヶ月間過ごした後、また去っていった。しかしこの時ビールは、モリスに「重要な書類を預かっていてほしい」と”鉄の箱”を手渡したのだ。

 

それからしばらく経ったある日、モリスの元にビールから一通の手紙が届いた。その手紙によると以下の内容が記述されていた。

  • 箱には隠した財宝に関する重要書類とモリス宛の手紙が入っている
  • その書類は暗号化されていて手がかりになるものがなければ解読できない
  • この手紙を受け取ってから10年間は箱を保管してもらいたい
  • 10年以内に取りに行くが、もし取りに来なかったら鍵を壊して箱を開けて良い
  • 10年後の1832年6月以降に、暗号解読の手がかりになるものを送る

 

モリスはビールの言う通り、鉄の箱を10年間保管した。しかし、ビールが取りに来ることはなかった。しかも、1832年6月以降に届くと言われていた”手がかり”も、届かなかった。

13年後の1845年、モリスは鍵を破壊し、鉄の箱を開けた。すると1822年のビールからの手紙の通り、3枚の暗号化された文書と手紙が出てきた。

 

その手紙によると、以下のことが分かった。

  • 1818年3月、ビールとその仲間達は、サンタフェで地面に埋もれていた金を発見した
  • 18ヵ月の間掘り続けて、大量の金と銀をゲットした
  • ビールとその仲間達は、ヴァージニア州 リンチバーグにやってきて財宝を隠した
  • 3枚の暗号文書には、それぞれ財宝の隠し場所、財宝の内容、財宝の受取人のリストが書かれている

 

この手紙を読んだモリスは、「暗号を解読して、財宝を探し出そう!」と考え、暗号解読をスタートした。しかし、手がかりが何もないため、17年費やしても解読できなかった。

1862年、80歳を超えたモリスはとある友人に事情を打ち明け、暗号解読を託した。

すると、なんとそのとある友人は、2枚目の文書(財宝の内容)を解読したのだ。

(解読方法・内容は次のページで)

財宝の内容を知ったとある友人は、同じように1枚目と3枚目を解読しようとしたのだが、やはり手がかりがないのでなかなか解読できなかった。そしてとある友人は、暗号解読にふける日々を送り、仕事に手がつかなくなってしまった。

1885年、一人で解くことが困難・世間に公表するのが最善の策だと考えたとある友人は、自分の名前を伏せ、ジェイムズ・B・ウォード(James B. Ward)に代理人兼発行人となってもらい、小冊子「ビール文書(The Beale Papers)」を発行した。

このビール文書の発行後かなりの反響があり、ビール暗号の話を聞きつけた人々がリンチバーグに押し寄せ、宝探しをした。10年以上宝探しを続けたような熱狂的なファンもいたが、財宝が見つかる事はなかった。

 

次のページ:ついに解読編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)